0577-36-0770

​FAX 0577-36-0771

お知らせ

今年度のゴールデンウィークの診療は暦通りで行わせていただきます。

​日曜祝日、水曜・土曜の午後は休診させていただきますのでよろしくお願いいたします

​新型コロナウイルス感染について

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の世界的な感染の広がりが連日報道されており、経済的な影響やマスク不足など心配されてみえる方が多いと思います。

  医者ということで尋ねられることも多いので、報道やネットから得られる知識以上に詳しいわけではありませんが、少しまとめてみたいと思います。

​ ウイルスは遺伝子を持った最小の微生物ですが、細菌などとは異なり、単体で栄養をとったり増殖することはできず、他の生物の細胞内に寄生して細胞内の宿主の酵素などに自らの遺伝子や構造蛋白などを作らせて増殖する生物(?)です。細菌に寄生するバクテリオファージというウイルスもいます。コロナウイルスは元々、風邪を引き起こす原因の10〜15%(流行期の約35%)を占める1本鎖RNAウイルスでその大きさは80~220nm (100nmは1mmの1万分の1)です。N95マスクは0.1~0.3μm(300nm)の粒子を95%以上捕集できるマスクで、SARS(コロナウイルスの1種)流行期には予防効果があったとされていますが、外した時にはしっかりと跡が付くほど強いゴムで密着させるため、かなり息苦しい感じがします。一般的なものはサージカルマスクと呼ばれ、基本的には咳やくしゃみ・会話などの際に、唾液などの微生物を含む分泌物の飛沫を抑える目的のマスクで、外から分泌滴が付着した場合にすぐに交換すればある程度その侵入を防げますが、長時間装着では予防効果はあまり期待できないと考えられます。つまりサージカルマスクの主目的は症状のある人や外科医などが装着して、微生物の飛沫・拡散を最小限に抑えることです。マスク不足の現状で最優先されるのは指定病院や中核病院で、院内感染を防ぐために、訪れた患者さんや医療従事者・スタッフのマスク装着で、次に咳やくしゃみの症状がある方かと思われます。

 岐阜県は大垣の50台夫婦の感染がありましたが重症化して人工呼吸器管理された男性も回復し退院されてみえます。その後医療関係者も含め濃厚接触者の発症やウイルス検査陽性はなかったようです。岐阜市のニューヨーク帰国者、各務原市の欧州帰国者の夫婦、岐阜市のフィリピンからの帰国者2人、可児市の合唱団・スポーツジム関連の14名(愛知県2名除き)、新たな大垣の50代男性と同じ職場の2人、感染源不明の岐阜市40代男性と同じ職場の20代男性、多治見市50代夫婦、岐阜市の20代女性(クリニック受付)、30代女性(ナイトクラブ従業員)、各務ヶ原市の40代男性、土岐市30代男性(愛知県警警察官)、美濃市70代女性、可児市60代男性、岐阜市30代男女は4/1飲食店女性の同僚、岐阜市男性、関市、土岐市2人で、4/4現在時点40名、クラブ・シャルム関連の8名とそこで飲食した岐大病院精神科医3名とその1歳未満の娘1名、岐阜市の40代男性と70代女性、大垣市10歳未満の女児、瑞穂市60代女性、各務原市50代男性・30代男性、4/7に10名クラブ・シャルム関連の7名と岐阜市の70代男性、50代男性、80代女性の計69名感染報告(4/7)があります。

 県内感染者情報については;岐阜県公式ホームページ⇒緊急・重要情報⇒新型コロナウイルス感染症→県内の発生状況 に詳しく掲載されています。

 飛騨地方には、まだ感染者は確認されていません。千葉県から高山を訪れた感染者に接触確認された方たちも皆検査陰性で感染の拡大はなかったようです。今後も注意や咳エチケット・手指消毒・うがい、「密閉・密集・密接」が重なる場を避ける・人との距離を1.8m以上開けるなどの飛沫感染を防ぐ感染予防対策が必要です。

 37.5℃以上の発熱が4日以上続く方、または心疾患、慢性肺疾患、腎不全、免疫低下などの基礎疾患がある場合には、2日以上の発熱、強い全身倦怠感の持続・空咳・味覚嗅覚異常・呼吸困難の合併などがある方で、報道された新型コロナウイルス感染が疑われる人との濃密な接触(近距離での会話や、近距離で咳・くしゃみをされたなど)の機会があった方など、感染を心配される場合には、帰国者・接触者相談センターに電話相談していただくこととなります。

 帰国者・接触者相談センター;飛騨保健所Tel;0577-33-1111(内線309, 310)、厚生労働省Tel:0120-565653。相談窓口で必要があると判断されれば、指示に従い指定病院の帰国者・接触者外来を受診していただくことになり、そこで医師の診察により必要と判断されれば新型コロナウイルスのPCR検査などを受けることができます。

 COVID19(新型コロナウイルス感染症)の症状は発熱、全身倦怠感、乾性咳嗽、呼吸困難、息切れ、嗅覚味覚異常などで、まれに下痢・嘔気があります。くしゃみ・鼻水・咽頭痛・頭痛などの上気道感染(風邪)症状は、初期には風邪との識別は困難です。潜伏期は3日~7日で、約20%で入院加療を要し、致死率は2~5%と考えられています。

 感染(ウイルス排出)のピークは発症直後~3日後と推定され、消毒せず放置した場合、飛沫落下ウイルスは約3日感染能力ありとの報告があります。症状のない不顕性感染者や発症前の潜伏期での濃厚接触でも感染し得ると考えられています。

内視鏡検査について

胃カメラの予約を、電話で行うことができるようにいたしました。

⇒☎ 0577-36-0770

 当院では、これまで診察に来ていただいて、内視鏡検査についての説明をさせていただき、胃カメラの検査同意書をお渡しして胃カメラの予約日を決めていただいておりましたが、電話でお問い合わせいただき、ご都合の良い水曜日午前に電話で予約を取り、予約日に朝食抜きで来院していただき、検査前に説明と検査同意書にサインしていただいて胃カメラを行っていただきます。
​ 抗血小板剤や抗凝固薬などの、血液をサラサラにするお薬を飲んでみえる患者さんで、事前に主治医と相談して休薬を行っていない場合には、病変の生検や生検によるピロリ菌の検査は行わず、観察のみの検査となる場合がありますので予めご了承ください。

 大腸カメラは検査前日夜に内服していただく下剤をお渡しする必要があること、検査当日に約1.5Lの液体の下剤を飲んでいただくこと、ポリープ切除術などの事前の説明が多いことから事前に了解を得る必要があり、これまで通り事前に診察して予約を取っていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

お薬に関する疑問について

自分が飲んでいる薬が、どんな効果があってどんなことに気を付ければ良いか、など気になることは多いと思います。

 そんな時にどうやって調べると良いか?・・ですが、私が良く利用しているのは「お薬110番」というサイトです。スマフォの検索エンジン(Google, Yahoo, etc.)で、薬の名前;『○○○○○ 110番』と、入力して検索すると、先発薬品名・一般名・・・(お薬110番;薬事辞典)で出てきて開けます。

*医薬品情報研究会が処方薬の作用機序、薬理、臨床試験、注意事項、副作用などについて、重要なポイントを要約して分かりやすく説明してあります。使いやすい無料サイト(ホームページ)ですのでお勧めいたします。