インフルエンザワクチン接種のお知らせ
 本年度インフルエンザワクチン接種の予約は10月1日から、接種は10月19日から開始させていただきます。
 感染予防の観点から、予約枠を時間帯で制限させていただいておりますので御了解のほど宜しくお願い申し上げます。助成券をお持ちの3歳~15歳の方は1回2000円、同じく65歳以上の方は1630円、それ以外の方は4200円とさせていただきます。
​ インフルエンザワクチンは65歳以上、60歳以上65歳未満で心臓・腎臓・呼吸器に障害を有する人、HIVにより免疫機能の障害を有する人に対しては定期接種の対象となりますが、それ以外の人については任意接種のワクチンです。
 インフルエンザワクチンは高い発症予防効果は期待できませんが、厚生労働省によれば高齢者で34~55%の発病予防効果、82%の死亡阻止効果があり、2015/16年の6歳未満の小児では有効率60%との報告があります。
 37.5℃以上の発熱がある方、過去のインフルエンザワクチン接種で全身性のアレルギーや2日以内に発熱を呈した方などは、ワクチン接種の適応外となります。発熱がある方・体調が悪い方は予約日の変更ができますので、電話でご相談ください。
 注射部位局所の痛みや腫れ・発赤などが生じることは比較的多く認められますが、多くは数日以内に自然軽快します。一過性の局所反応以外の副作用が生じた場合には救済制度もありますのでご連絡ください。

内視鏡検査について

胃カメラの予約を、電話で行うことができるようにいたしました。

⇒☎ 0577-36-0770

 当院では、これまで診察に来ていただいて、内視鏡検査についての説明をさせていただき、胃カメラの検査同意書をお渡しして胃カメラの予約日を決めていただいておりましたが、電話でお問い合わせいただき、ご都合の良い水曜日午前に電話で予約を取り、予約日に朝食抜きで来院していただき、検査前に説明と検査同意書にサインしていただいて胃カメラを行っていただきます。
​ 抗血小板剤や抗凝固薬などの、血液をサラサラにするお薬を飲んでみえる患者さんで、事前に主治医と相談して休薬を行っていない場合には、病変の生検や生検によるピロリ菌の検査は行わず、観察のみの検査となる場合がありますので予めご了承ください。

 大腸カメラは検査前日夜に内服していただく下剤をお渡しする必要があること、検査当日に約1.5Lの液体の下剤を飲んでいただくこと、ポリープ切除術などの事前の説明が多いことから事前に了解を得る必要があり、これまで通り事前に診察して予約を取っていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

お薬に関する疑問について

自分が飲んでいる薬が、どんな効果があってどんなことに気を付ければ良いか、など気になることは多いと思います。

 そんな時にどうやって調べると良いか?・・ですが、私が良く利用しているのは「お薬110番」というサイトです。スマフォの検索エンジン(Google, Yahoo, etc.)で、薬の名前;『○○○○○ 110番』と、入力して検索すると、一般名・先発薬品名・・・(お薬110番;薬事辞典)で出てきて開けます。

*医薬品情報研究会が処方薬の作用機序、薬理、臨床試験、注意事項、副作用などについて、重要なポイントを要約して分かりやすく説明してあります。使いやすい無料サイトですのでお勧めいたします。

0577-36-0770

​FAX 0577-36-0771